始めよう

ボクシングとキックボクシングの違い

morito205y

キックボクシングを足だけで戦うと思っている方も多いようですが
手も足も使うボクシングと思っておいてください。

大きな違いとしてはボクシングは手、両拳で戦うスポーツです。
キックボクシングは両拳と両足を使って戦うスポーツです。

これによく似た格闘技でムエタイというものもありますがルールが違うため
創造よりも違うスポーツと思ってよいでしょう。

競技の目的にも違いがあります。ボクシングの主な目的は相手を打ち倒すことやポイントを稼ぐことにあります。対して、キックボクシングでは相手に対してパンチだけでなく、蹴りや膝蹴りなどの多彩な攻撃を行い、相手を打ち倒すことが目的です。そのため、戦略や技術の選択肢が広がり、競技の面白さが増します。

最後に、人気と普及度の違いも見られます。ボクシングは世界中で広く認知され、プロの試合や大会が開催されています。一方、キックボクシングも世界的に人気があり、ムエタイやキックボクシングの大会が盛んに行われています。しかし、地域によってはボクシングよりも知名度が低い場合もあります。これにより、各スポーツのファン層やプレーヤーベースが異なります。

日本ではプロボクシングの団体が1つというのもありプロの試合も少ないようです。
キックボクシングのほうが地方などでは盛んにおこなわれているようです。
アマチュアの試合もキックボクシングの試合のほうが多いのではないでしょうか。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました