始めよう

とりあえず挨拶は大きな声で

morito205y


ジムに入る際に大きな声で挨拶することにはいくつかの理由があります。

  1. コミュニケーションの重要性: 大きな声で挨拶することは、コミュニケーションの重要性を示します。ジムはコミュニティの場であり、他のメンバーやスタッフとの交流が重要です。挨拶を通じて他の人との接触を促進し、友好的な雰囲気を作ることができます。

    帰る時も『お疲れ様です』『ありがとうございました』などとあいさつしたほうがあなたの特にもなります。
  2. リスペクトと礼儀: 大きな声で挨拶することは、他の人に対するリスペクトと礼儀として捉えられます。ジムは個々のトレーニング空間であるため、他の人との関係を構築するためには相互の尊重が必要です。大きな声で挨拶することで、他の人に自分の存在を示し、共有の空間での共存を促進します。

    皆さん大人なのであまりないと思いますが”恥ずかしい”で小さい挨拶が一番恥ずかしいです。
  3. ポジティブな雰囲気の醸成: 大きな声で挨拶することは、ポジティブな雰囲気を醸成するのに役立ちます。明るい挨拶や笑顔は、周囲の人々に良い印象を与え、活気ある空気を作り出します。これにより、ジム全体の雰囲気が活発化し、トレーニングの効果も向上する可能性があります。

    大きな声を出すことで肺の活動も活性化されます。息を強く吐くという事が大事なスポーツですので、大きな声であいさつしても損はないです。
  4. 社会的なつながりの構築: ジムはトレーニングだけでなく、社会的なつながりを築く場でもあります。大きな声で挨拶することは、他の人とのコミュニケーションを促し、新しい友人やトレーニングパートナーを見つけるきっかけになるかもしれません。

    あいさつすればするほど仲良くなるのも早いですよね。顔も覚えてもらえるし、覚えれるし。せっかく入ったジムで独りぼっちはさみしいです。

ジムに入る際には大きな声で挨拶することで、コミュニケーションを活性化し、礼儀正しい態度を示し、ポジティブな雰囲気を醸成し、社会的なつながりを構築することができます。

ABOUT ME
記事URLをコピーしました